ニュースリリース /

Google Appsとの連絡先連携で、問い合わせ情報を一元管理するクラウドサービス"ConnectBass"を提供開始

2014-07-10

 株式会社ディー・ワークス(本社:東京都世田谷区、代表取締役 泉 大五郎)は、お客様からの問い合わせをGoogle Apps for Business TM(以下、Google Apps)の共有連絡先を利用して一元管理できる、ConnectBass(コネクトバス)を7月11日より提供を開始いたします。

ConnectBassについて

 ConnectBassは、楽器のベースがメロディとビートの橋渡し役を担う存在であるように、お客様と企業の問い合わせ、リレーションの橋渡し役を担うべく開発した、問い合わせ情報を一元管理するクラウドサービスです。
 お客様からの問い合わせ、質問対応を複数のメンバーでメーリングリストや掲示板を利用して共有していると、情報が整理されず、時系列に蓄積されているだけとなります。そのため、過去の問い合わせ対応履歴にすぐアクセスができず、探すのに時間と手間がかかる、現在の対応状況がわからず対応漏れや重複対応が発生する、その結果お客様のロイヤリティの低下、対応メンバーのフラストレーションに繋がるなどの課題が発生してないでしょうか?
 何かを問い合わせするという行為は、お客様と企業、さらには従業員と企業においてもあらゆるシチュエーションで、日々発生しています。
 ConnectBassは、Webフォームからの問い合わせのうち、連絡先情報はGoogle Appsの共有連絡先へ自動的に追加され、Gmaiのアドレス帳として組織全体で共有利用が可能です。
問い合わせ内容、対応内容、アクセス履歴やアクション履歴などの情報はConnectBassで保持し、Google Appsに保存された連絡先情報と連携し顧客情報として一元管理されます。
 これらの機能は、3ユーザー¥5,000/月(税別)から利用することができるほか、無料からのプランも用意しています。
 また、ConnectBassの販売パートナーも併せて募集いたします。

ConnectBassの利用用途

1.Google Appsでの連絡先共有を実現

Google Appsを導入しているが、共有連絡先機能には画面が用意されていないため、営業担当者は自分の担当先を個人の連絡先でそれぞれ管理しており、組織全体で連絡先が共有化されておらず、他の担当者が代理で対応することができない。
→ ConnectBassの管理画面から簡単に、Google Appsの共有連絡先に連絡先を追加することで連絡先の共有を実現。

2.インバウンドマーケティング活動として利用

マーケティング部門では、これまでリード(見込み客)に対し、会社側の都合でメールマガジンを発行してきた。
→ ConnectBassでファイルダウンロードまでを一貫して行えるWebフォームを作成し、リードの情報欲求タイミングに合わせてWebフォームへ誘導。ファイルダウンロード時に追加の属性情報を取得することで質の高いリードを獲得、顧客化へと繋げるインバウンドマーケティング活動を実現。

3.メール共有でのカスタマーサポートからの脱却

これまでお客様からの問い合わせメールをメーリングリストで対応してきたため、返信・担当の管理を別途表計算ソフトで行っていた。
→ ConnectBassで、返信のステータス、担当者の割り振りに加え、過去の問い合わせ履歴、お客様のアクセス履歴から、お客様の質問を先読みした回答をすることで、顧客満足度の向上を実現。

ConnectBassの主な特徴

・連絡先管理

Webフォームまたは、ConnectBass管理画面から、Google Appsの共有連絡先に連絡先情報を追加・編集・削除を行えるインターフェイスを提供します。この連絡先管理には、過去の問い合わせ履歴、アクセス履歴や、アクション履歴などの情報が一元化され保存されます。

・Webフォーム

問い合わせWebフォームからGoogle Appsの共有連絡先への登録に加え、登録完了メール送信、ファイルダウンロード、カスタマーサポートチケットの発行などの後続処理ができ、様々なシチュエーションの問い合わせフォームの作成が可能です。

・カスタマーサポート

サポートチケットが発行された問い合わせの一覧から、対応状況、担当者、過去の対応履歴が瞬時に確認でき、迅速に返信することができます。お客様にも問い合わせ履歴画面を提供することができます。

・アクセス履歴

お客様がどのページを見てから問い合わせてきたのか、過去どのようなアクションを取ったのかを把握することができます。また、Google Analytics との連携も可能です。

・マルチデバイス対応

スマートフォン、タブレットからのアクセスにも最適化されており、外出時にも問い合わせ対応が迅速に行えます。

サービスの詳細・利用料金

・サービスの詳細

http://www.connectbass.com/
ConnectBassの利用には、Google Apps for Businessが別途必要です。

・利用料金

ベーシックプラン :3ユーザー 月額5,000円(税別)
プロプラン :5ユーザー 月額15,000円(税別)
また、8月までは期間限定で、すべてのプランが無料でご利用いただけます。

Google Apps について

 Google Apps は、あらゆる規模の組織に向けてシンプルかつ高度なコミュニケーションとコラボレーション ツールを提供します。Gmail、Google カレンダーにより、コラボレーションが容易になります。
 Google ドライブのドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを使用して、ファイルを共有したり、リアルタイムで共同作業したりできます。常に最新バージョンのファイルで作業することができ、いつでもどこからでもアクセスが可能です。

株式会社ディー・ワークスについて

 ディー・ワークスは、貯まったデータをいかに価値のある情報に変えることができるかを事業コンセプトに、クラウドサービスの開発・提供に取り組んでいます。

会社概要:

株式会社ディー・ワークス
代表者:代表取締役 泉 大五郎
設 立:1996年6月
所在地:東京都世田谷区深沢1-29-9
資本金:2,500万円
事業内容:Google Apps拡張コンタクト管理サービス「ConnectBase」の企画・開発・提供
モバイルマーケティング解析ソリューション「wellout」の企画・開発・提供
Google Apps 販売パートナー
AWS Partner Network テクノロジーパートナー
※“Google”および”Google Apps”、”Google Analytics”は、Google Inc の商標または登録商標です。

本リリースに関するお問い合わせ先

お問い合わせはこちら